晴れ舞台が入ったCFカード、認識せず

いままで「ここぞ」というときに使ってきたサンディスクのCFカード。

EOS 5D Mark IIIのダブルスロットのCF側には常にサンディスクのカードが刺さっている。SDカード側のスロットにはEye-Fiカードが刺さっているのだが、これが連射をすると時々エラーを出す。頻度は年に2~3回くらい。だから撮り直しのきかないケースでは、転送の手間が面倒でもCFカードに頼っている。

CFカードに撮ったデータはレキサーのUSB3.0 CFカードリーダーでMacに読み込ませるが、今回はなぜかすごく動作が緩慢。Finderにアイコンが出てくるのも、フォルダを開くのも、すごく重い。USB3.0周りの認識がうまく行ってないのかな…と、USBプラグを抜き差ししてみたところ、このようなエラーが…

rescue1
おおおぅ!それは困る!
息子の晴れ姿が入ってるのに!

Macではダメでも、EOSなら認識するかなぁとEOSに戻してみるも、やはりエラーで認識されない。

おおおぅ!なんてこったい!

もちろん速攻でデータレスキューソフトを試す。

rescue2
一部の国内正規流通サンディスク製カードには「Rescue PRO」というソフトが付属している場合があり、私も1本持っていたのだが、たしか期間限定ライセンス?だったかかなんかで、最近は使えていなかった。しかし「 MacUpdate Promo」でたまたま「Data Rescue 3」が買ってあった!助かった~!

早速スキャン。ファイル名は変わっちゃったけど、写真自体は無事回収。

動作が重いからってアンマウントせずにUSBケーブル抜くとこういう目に遭う、という教訓でした。
再フォーマットしたらちゃんと使えたので、きっとサンディスクが悪いわけではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)