CP+ 2014(SONY編)

写真とカメラの祭典「CP+2014」がパシフィコ横浜で始まりました。
追々記事をアップしますが、まずは日本では本日リリースされたα6000から。自分が使っているNEX-6の後継に当たる機種なので、どんなものか気になります。



ボディーカラーがブラックとシルバーの2種類になりました。写真はシルバーですが、NEX-5のシルバーと異なり、グリップ部はゴムが貼ってありますので黒色です。



さて、この機種の最大の特徴は「AFが速くなったこと」です。従来のNEX-6もミラーレスとしては速い部類だと思いますが、それがさらに速くなり、かつ、像面のどこでも像面位相差AFが使えるのがポイントです(従来は中央付近だけでした。)

他にも瞳を検出してフォーカスを合わせ続ける「瞳AF」とか、細かい改善がいろいろ入っています。

それと、ファインダーの画素数が減ったことは意外性のあるトピックですね。しかし画素数は減ったものの、光学的な改善を行い、見やすさを向上させたとのこと。周辺部がボヤッとしてしまう236万画素(NEX-6)より、キッチリ見えて高コントラストの144万画素(α6000)の方がいいでしょう?という訳です。

覗いてみましたが、確かにこれは悪くない…確かにNEX-6と比較すると画素数が減ったのは感じますが、何というか、確かにトータルではこちらの方が上かも…。α6000を覗いた後、自分のNEX-6のファインダーの周辺部の甘さが気になりました。



自分のNEX-6と並べてみました。

軍艦部のデザインテイストが変わったのが印象的ですが、これはα7に合わせたとのこと。あえて薄く見えないデザインを採用しないのは意外な気がします。この造形のお陰か、印象よりずっと重量が軽く感じました。

<

2つあるダイヤル(右肩と、液晶右)は、ついに別の機能を割り当てられるようになりました。そうそう、こういうのでいいんだよこういうので。



外れやすかったアイピースは若干改善され、本体側の食いつきを改善することで多少外れにくくなったとのこと。つまりオプションパーツのアイピース側には変更はありません。



さた代わってこちらは動作品が初公開となる、Eマウントフルサイズ用 FE 4/70-200 G OSS です。いわゆるCanon EF 70-200mm f/4L IS USMと同じ画角・明るさのレンズで、手ぶれ補正の流し撮りモードやフォーカスリミッターも付いていますが、すが、一回り短くなっています。もちろん軽いです。

EF 70-200 f/4も充分小さくて軽いと思っていましたが、これ、いいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)