A3:内張ビリビリ

ディーラーで治ってしまった?ラッキーな方もいるようですが、私も先日ディーラーに車を預ける機会がありつつも頼んでなかったビビリ音を対策。私の場合、保土ヶ谷バイパスを1人で走っていると、出る。家族で走っていると、出ない。保土ヶ谷バイパス以外でも、出ない(笑 あの微妙に路面が荒れて高速、というのが現象の発生条件なんだろうと思う。

鳴ってるのは左後ろのドアのあたり。ドアの内張を叩いてみると、右のドアにはないビビリ音が確かにする。



という訳で内張を剥がしてみた。
手順はこちらのページを参考にさせていただいた。ありがとうございます。



雑巾を巻いたハンマーで叩いてみる。外した状態でも確かにビビリ音がする。



叩きながら音源を探る。
すると、ここかと思われるポジションを見つけた。
内張の表面となる部品と、内張の中身の構造物のクリアランスを保つための、下駄の脚のような箇所。



めくってみると、おお、確かに擦れている。



両面テープ付き防振スポンジを挟んでみた。
同じ構造の箇所が4カ所あったので、全て対策。

そしてハンマーで叩いてみる。…OK、ビビリ音が消えた。



吸音材を元に戻して、ドアにはめてネジ止めして完成。

よーし、保土ヶ谷バイパス走りに行っちゃうぞ…と思ったら、雨。
雨だと再現しなさそうだな…。


エーモン 1427 内張りはがし(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)