ガスの力でようやくリビングが20℃に達する

先日見積もりしてもらったガスコンセント増設を、工事してもらいました。

gasfan1

キッチンの床下収納の所から潜って…

gasfan3

フローリングに穴開けして…

gasfan2

キッチンの床下のガス管から分岐して…余談ですがガス管って昔は折り曲がらない鉄パイプでしたよね。今はステンレスでフレキシブルな管が主流なんだそうで。

gasfan4

ガス漏れチェックをして完成。1時間ほどでガスコンセントが増えました。これでガスファンヒーターが使えます。

gasfan5

やっぱりガスファンヒーターは暖かいです。12月に入ってからご存じの通り急に寒くなって、エアコンだけではリビングの気温をどうやても20℃以上にすることはできませんでしたが(せいぜい17℃止まり)、ガスファンヒーターを使うとあっさり20℃越え。恐ろしい熱量です。ようやくほっとする暖かさが得られるようになりました。ちょっと戸建ての寒さ(熱容量)をナメてました。


東京ガス(ノーリツ) スタンダード50号ガスファンヒーター (ガス種 都市ガス13A ガスコード5mまで対応) NR-B950FH-WH アンティークホワイト(Amazon)

「ガスの力でようやくリビングが20℃に達する」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    A3の事でコメントを書かせていただいた者です。A3は、散財により手が届かないところに行ってしまい諦めました。

    話は変わりまして、ガスファンヒーターは早く温まるということは聞いていたのですが、換気をこまめにしないといけないということで諦めました。
    実際のところはいかがでしょうか?やはり、こまめに換気はされていますか?

  2. 換気はストーブと同じと考えてください。1時間に1回程度が理想なんでしょうけど、人の出入りが普通にある部屋ならそんなに神経質になる必要はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)