A3のエアコンが壊れて…

愛車A3のエアコンが微妙に調子悪いので、修理に出したところコンプレッサー不調で交換、11万円とのこと。以前に乗っていたUS アコードクーペでもエアコン故障があり、その時もやはりコンプレッサー交換で9万円の出費だったので、まぁAudi価格と考えれば良心的な方かも知れません。オイル交換なんか国産車の3倍しますしね。

修理には1週間程度かかるとのことで、代車でA4 Avant 2015年モデル(2.0TFSI,FF, CVT)のurban style editionという300台の限定車を借りています。一度乗ってみたかったAvant(ワゴン)ボディのFFでCVTなエントリーモデルのA4です。価格は税込み466万円です。

Audi A4/A4 Avant urban style editionは、新たな外装色や装備を採用し、A4本来のスポーティさ、デザイン性をより一層引き立てた特別な限定モデルです。エクステリアには、ハイグロスブラックのフロントグリル、ブラックテイルパイプ(セダンのみ)、5アームローターデザイン コントラストグレーアルミホイール(7.5J×17、225/50R17)を採用。インテリアには、ハイグロスインストゥルメントパネル、マルチファンクション&パドルシフト付本革巻き3スポークスポーツステアリングホイール、ステンレス製アクセル&ブレーキペダルを装備しています。ボディカラーはトルネードグレーとグレイシアホワイトの2種類。販売台数はセダンが200台、アバントモデルが300台、計500台の限定となっています。

とのことで、パドルシフト以外は見た目の変更だけみたいですね…。ディーラー代車になっていると言うことは、売れてないんでしょうね…。

a4a1

A4は以前に2回ほど借りたことがあって、いずれもQuattroのフル装備だったものですから、さすがにエントリーモデルのA4は素のモデルというか、何もついていない感じがします。

a4a3

a4a4

テールゲートが電動なのは感動しましたが、バンパーの下で脚を振っても開かず、「ああ、あれはA6の装備だったか」と苦笑いした次第。

a4a5

荷物室の床板を反転させると汚れ物用のトレイになっています。素晴らしい。

a4a6

立体駐車場用に、電動ゲートの全開位置を中途半端な位置に設定することができます。設定方法は(1)ゲートを開ける (2)希望の位置まで開いたらもう一度スイッチを押して止める (3)スイッチを長押ししてハザードランプが点滅したら位置メモリー完了 です。再び購入当初の全開位置に戻すには、ゆっくりとテールゲートを力尽くで押し上げ、もう一度メモリーします。洗練されておらずちょっとアウディらしくないやり方だと感じました。

a4a2

ホイールはurban style editionの限定デザインらしいんですが、ちょっとこれは好きじゃないかなぁ…まるで「鉄十字」じゃないですか。やっぱS-lineのホイールがかっこいいなぁ。

2.0TFSIエンジンなので加速力に不足などあるはずもなく、えらい巡航速度が出ます。CVTの中では出来はいいほうなのではないでしょうか。ただ、どうしてもQuattroモデルを何度か乗ってしまったせいか、CVTのFFモデルは「ああ、運転がつまらないというのは、こういうことか…」と感じてしまったのは事実。

CVTは普段はかなりエンジンが低回転になるように制御されていて、60km/hだと1000rpmちょっとで巡航することになるので、エンジンのこもり音が結構気になります。もう少しエンジンを回した方がかえって静かなんじゃないかな…。

高速コーナリングは、CVTのFFでも何かレールにでも乗っかったように凄いスタビリティで曲がっていくんですが、Quattroだとさらにそこに「曲がっていくぞ」という明確な意思が感じられます。CVTのFFでもコーナリングでドイツ車初体験なら充分凄いと思えるんでしょうが、Quattroはもっと凄いんですよ…。

CVTはアクセルペダルと加速の直結感がやや希薄になるので、裏を返せば多少アクセル操作がラフでも同乗者からはクレームは出ないでしょう。誰かを乗せて安楽に高速移動するならCVTのFFの方が向いていると思いますが、気持ちがダイレクトにクルマに伝わる感じは圧倒的にSトロニック(DSG)の方ですね。

しかしこのA4のCVT、不具合なのか分かりませんが、車両が前傾しているときにバックすると、動力が伝わりません。バックで車庫入れするときにクルマの前部が下がっていると、車庫入れできないんですよ…。3000rpmくらいまで煽るとガツンと繋がって動きますが、ドッカンスタートになって危ないことこの上ないです。代車特有の不具合なんでしょうか。

まぁ私が次のクルマを買う4年後頃にはAudiはCVT車を廃止しているんじゃないかと思いますし、業界的にもCVTは絶滅方向だと信じているのであまりCVTの出来を確認することに意味はないのかも知れませんが、正直言ってあまり印象よくなかったです。これならDSGのQuattro(を中古で探す)かな…。

ただ、車体全体が大きいので、荷物室の使い勝手はよさそうでした。後席もA3よりは少し広いし、これから子供たちが大きくなることを考えると、やっぱりA3 (Cセグメント)では狭いんですよね。今でもA3は荷物室含めて「空間を使い切っている」感じがしますし、荷物をきちきちに詰めきったあとに「これも入れて」と言われるとイラッとすることもあります。その点、少しずつA3より大きなA4ならもうちょっと安楽なカーライフを送れそうです。もっとも、新車は高くて買えないので、買うなら中古だと思いますが…。

まぁ、A4以外にもう2台、次の愛車候補として気になっているクルマがあるんですが、それについてはまた別の機会に。ちなみにホンダとトヨタです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)