ハリアーをデリバリー試乗

1年後の客なんか相手にしないのではないかと思われていたトヨタ店のセールス氏が、その後我が家のポストに見積もりを投函し、さらに先週末には試乗車を自宅まで持ってきました。顧客対応のテンプレートなのかも知れませんが、なんかすごくやる気があるように見えますね…。

IMG_7329

そんな訳で折角なのでハリアーで我が家の車庫入れを試したり、出かけていたツマをハリアーで駅まで迎えに行ったりして、試乗してみました。車庫入れはAudiのSラインだと慎重に出し入れしないとバンパーを擦ってしまうのですが、さすがにSUVなら何も考えずに余裕。Audi A4のCVTではやたらとギクシャクした後退での斜面乗り上げですが、トヨタクオリティなら何の問題もありません。トルコンATと同様のフィーリングで動かせます。Audi A4 CVTの後退なんか、トヨタ品質基準だったら出荷に値しないんでしょうね。

持ってこられたのは2.0Lガソリン車の無印エントリーグレード。価格的にはガソリン車しかあり得ないと思っています。ハリアーのハイブリッド買うなら、LEXUS NXかな。ネットの評判ではハリアーの2.0Lガソリン車では遅くてかなわないという話を聞いていたのですが、いやいやどうして、市街地走行では何ら問題はないですね。アクセルモードもパワー・ノーマル・エコの三段切替で、全て試しましたが大型な男性が4名乗らない限りノーマルで充分です。

ただ、高速域での加速はちょっと頭打ち感の片鱗が感じられました。これは本格的に検討の対象になったら、高速道路の試乗も試したいですね。

左膝がインパネに干渉する件は、ちょっと腕を伸ばし気味にするドライビングポジションで対応するしかなさそうです。ステアリングのテレスコピック調節範囲が狭いこともあって、ややステアリングを抱え込むような運転姿勢は私の身長(慎重184cm、股下89cm)では取れませんでした。

内装は立派で、価格からすればイミテーションの高級感であることは想像がつきますが、まぁそうと分かっていても悪くはありません。

ロードノイズも結構良く遮音されていて、あまり路面の影響を受けずにコンスタントに静かな印象です。タイヤのせいもあると思いますが、整った路面では私のA3の方が静かですが、荒れた路面ではハリアーの方が静かかも。これも高速道ではどうなるか確認したいところ。

足回りも初代ハリアーのフニャフニャしたものしか知らなかったので、至って普通の乗用車感覚で運転できることに驚きました。これはファミリーカーとして重用されるわけだわ…。リアシートのリクライニングや、リア用のエアコン吹き出し口があるのもファミリーカーとしてはポイント高め。

まとめると、乗り換え対象としてSUVというジャンルも充分対象になることが分かったのは収穫でした。あとはレーダークルーズコントロールが全車速対応になるといいなぁ。全車速対応を望むとなると、スバルとレクサスの2択なんだよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)