東京モーターショー リベンジ(ホンダ編)

ホンダ編です。
今回はα6000ではなくて、EOS 5D3+Lレンズでの撮影なので、画質も前回とはワンランク違います。



ああ、そのブレーキキャリパーだけ、ください(笑











以上、NSXでした。
軽量でなくなったことに対するネガ意見も聞かれましたが、前回のNSXとは取り巻く環境が異なっているので仕方ないのでしょう。ある程度重いボディじゃないと達成できない性能もあると思っています。



FCXではなくなった?クラリティ。




別段燃料電池車じゃなくて良いので、このボディのまま普通のガソリンエンジン車を作って欲しいんですけど…。



おや、このBMWばりの高級な内装は何というクルマでしょう?



正解は「ヴェゼル」でしたー。
いやいやいや、ヴェゼルさん、内装の高級感ありすぎでしょう。
フィットベースとは思えませんね。

これでリアのテールランプの下半分の白い逆三角形の部分がなくなったら、もっとカッコイイと思うんだけどなぁ。何なのテールランプの下半分。ガンダムの「ダム」みたいなもの? あとテールランプからテールゲットに下がってゆくプレスラインも惜しい。

大きさ的には家族4人のファミリーカーとして充分ですよね。CX-5やハリアーやNXのような外形上の余剰感がない。



ああ、でもボンネットのチリとかは価格相応。隙間から中身見えちゃってるし。

ホンダ編はここまでですが、続きます。


MARK43 1/43 ホンダ NSX ジュネーブ国際モーターショー 2015 レッド(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)