非常用のカセットボンベと器具が寿命

数日前にNite(製品評価技術基盤機構)のニュースを見たのですが、ガスのカセットボンベの想定寿命は7年、器具は10年らしいですね。非常用に多めに揃えているのですが、保管してあったカセットボンベと器具を確認したところ、ボンベは在庫21本中9本が期限切れ、器具は2台中1台が10年より古いものでした。

器具は製造年が書いておらず何年ものか分からなかったのですが、箱の売価シールに「グランステージ山新」と書いてあり、生活圏内にそれがあったのは前の前の住まいなので、引っ越した2005年より昔だなぁと言うところから判断。

古いものがダメな理由ですが、器具、ボンベともゴム製のパッキンが使われており、それが劣化するためとのこと。ボンベの方は見た感じどこにゴムが使ってあるのか分かりませんが、外からは見えない内部に使っているらしいです。

全部をいっぺんに買い換えるのはそれなりの出費なので、何かセールなどで安く買えるときにでも買い換えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)