EOS R5とf/7.1レンズ

EOS R5が開発発表されました。

手元のEOS Rと比較すると、とにかくありとあらゆるところが違います。視度調節ダイヤルの位置、液晶チルトの指引っ掛け位置、液晶の配線引き出し方向(なので液晶部材の幅が小さくなっている)、ペンタ部の分割ライン、等々…同じところを見つけられないほどです。

しかしEOS 1DX Mark IIIに採用された光学式のポインティングデバイスが搭載されなかったのは意外でした。それよりはコストが安そうな今まで通りのスティックコントローラーが付いています。

とにかくEOSは操作性命で、画質も失敗はないでしょうから、きっと安心して買える1台になるのでしょう。ただ値段ですね。いくらに設定されるでしょうか。EOS 1DX Mark IIIの半額!と言っても40万円(笑。EOS Rがバーゲン価格だったとしても、EOS 1DX IIIとのギャップをどう考えるか。そしてソニーの値付けをどう考えるか。キヤノン初のボディ内手ブレ補正も付いていますしね。個人的には「税込み40万円」くらいではないかと予想しておきます。キヤノンの初値は時々高いからなー。

 

そしてまさかの望遠側 F7.1レンズ。キヤノンは他にも望遠側をF7.1にすることで大幅な小型化を図った RF 24-105mm F4-7.1 IS STM などというレンズも最近リリースしましたが、今まで望遠f値が概ね f/6.3 で留まっていたところを崩してきました。撮像素子の進化分をレンズの小型化に振り分けるというフリーダムすぎる発想です。しかも100-500mmですよ!なんとサードパーティキラーなことか。RFマウントになってから変態レンズばかりリリースされるんですが(一応褒めてます)、そろそろホッとする安価な単焦点もお願いします。

ただこのレンズ、なんでリングが4つ付いているのでしょう? ズーム、フォーカス、コントロールリング、あと1つは何!?

これは幾らになるでしょうか。広角側がF4.5であることから、ビックリするほど高くはならないと思いますが、防塵防滴だったら税込み25万円と予想しておきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)