弱点を誠実に公開するRFマウントアダプタ

RFレンズに対してのEFレンズの優位性の1つがこれ:

Commlite、CPLフィルター内蔵型のEF→RF電子マウントアダプター。税込1万7,600円

マウントアダプターにCPLフィルターを仕込めることです。純正だと単焦点が1本買えてしまう価格ですが、こちらだと大口径のCPLフィルターに少し上乗せしたくらいの価格。

同社は使用に際しての注意点として、質量が1,300gを超えるレンズを装着する場合は、カメラ本体とレンズの双方を支えて使用してほしいと呼びかけている。

いや、この注意文にすごく好感を持ってしまったんですけど(笑。

もちろん、純正並の強度を出せればベストなのは違いないですが、価格が1/3以下では仕方ないではありませんか。こういうのを誠実に言えるメーカーってきっと強いんだろうなぁ。

ただ、そういうことだとカメラ本体にカメラストラップを付けて1.3kg以上のレンズを付けた状態で肩から提げられないので、それなりに不便なのだろうとは思います。1.3kg以上のレンズって価格も安い自動車並みでしょうしね。

「弱点を誠実に公開するRFマウントアダプタ」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)