Waterfrontの傘 LIM 軽量自動開閉 折 60cm

仕事のスタイルが変わって、折り畳み傘を多用するように。放置してあったTOTESの傘を引っ張り出したところ、把手が加水分解。ベタベタして気持ち悪いので、買い換えることにしました。

しかしTOTESは円安のためなのかだいぶ商売っ気がなくなったようで、自動折り畳みの店頭ラインナップが壊滅的。ネットでもあまり見かけず、あっても8千円とか。TOTESは良い品質ですが、それでも8千円は出せないと思い、他を探したところ、Waterfrontという会社の傘が目に留まりました。

 

「LIM 軽量自動開閉 折 60cm」というタイプ。TOTESより開いたときに5cm大きくて、100g以上軽くて、自動開閉で、価格は2,750円。いい感じではないでしょうか。

 

5cm大きいので畳んでも少し大きくなりますが、いかんせん軽いのでイヤな感じはありません。但し軽いのは訳があって、TOTESは8本骨でしたが、Waterfrontは6本骨。

 

自動折り畳み傘に要求される最新の安全基準(シャフトを縮めるときに途中で手を離しても戻らない)にも準拠。

生地は若干つるっとしたタイプ。ユニクロのエアリズムの感触に少し似てる気がします。

ちょっと把手の開閉ボタンがフラットデザイン過ぎて雨の中では探し当てにくいのですが、それ以外は概ね満足です。何より安いので、気兼ねなく使えます。

TOTESは気に入ってたんですが、日本撤退なんですかね…?

上位モデルのこの4秒で畳めるのも気になってきた…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)