で、結果として誰も録画しなくなるわけだ

「デジタル放送番組、コピー9回までOK…総務省が要請へ」

なんかもう、9回で決定しているような風潮が見受けられるが、あくまで「要請」レベル。最終的な決定権はコンテンツホルダーや消費者団体、メーカー側にあるわけで。

雰囲気としてはこの要請を受けて

コンテンツホルダーが「ふざけるな(回数が多すぎる)」
消費者団体が「ふざけるな(回数が少なすぎる)」
メーカーが「とっとと決めてくれ」

と、例によって議論が収束しないわけだ。

そもそも「家族3人の平均的な世帯で各自がDVD、携帯電話、携帯型音楽プレーヤーなど3種類の機器にダビングできるようになり」って何だよ。家族で共有するコンテンツなんてあるか?

問題はコピー回数よりも孫コピーにあると、なんでユーザ視点の議論をしてくれないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)