モーターショウ2007

昨日行ってきた。

MShow2007-1

個人的に一番衝撃的だったのが、Audi A3他用の欧州向け純正ナビ。アイシンAWのブースで発見。日本は最先端のナビが使える国だと思っていたのだが、ほんのりとiPod touchっぽい感触のGUIを備えたこのナビは驚きだった。ドイツ人はこんなナビを使っているのか…。この欧州向けも国内向けも同じアイシンAW製なのに、どうして国内向けのナビは描画の途中がパラパラ見えるような情けないGUIなんだろうか。

MShow2007-2

同じくアイシンAW製の6速MT。変速の様子が見える。これを見た後だと「踏切の途中でシフトチェンジしてはならない」という教習所の教えは納得できる。

MShow2007-3

タカタの二輪車用エアバッグ。ホンダのある車種に採用されたようで、既に助かった事例が1件報告されているらしい。

MShow2007-4

ホンダの例の塗装のF1マシン。図案で見るより現物はいい出来だと思ったが、こういう柄のネクタイ、バブルの頃によく見かけたような。

MShow2007-5

モーターショウ一番人気の例の車。写真で見るより現物はよかった。但し、古いタイプの自動車の延長線上にあるという印象は受ける。保守的なお金持ちに受けそう。

MShow2007-6

GT-Rは壇上でのみの展示なので、内装とかは見られない。これは部品メーカー(メーカー名失念)で展示してあったGT-Rのインパネモジュール。

MShow2007-8

GT-Rのシートを受注している株式会社タチエスのブースならシートに座れる。国産にしては座面超が長く、背もたれも高く、なかなかいいシートだった。右にあるのは他車向けのシート。こちらはGR-Rのシートに座った後だと…。

MShow2007-7

こちらはメーターメーカーでの展示。これもGT-R用。今回GT-Rのパーツメーカーでの要素展示が盛んだった。

MShow2007-9

VOLVO XC70。特に固定用のワイヤーなど見あたらず。地震が来たら大丈夫だろうか。

MShow2007-10

将来Audi A1になるのではないか?と噂される車。ギロロ伍長に見えて仕方がない。

MShow2007-11

トヨタ系のステアリングメーカーの展示。これはチルト&テレスコピックを電動で行う装置。こんな重そうな装置がつくのなら、電動でなくて充分と思った。車ってちょっとした装備で重くなるのだと実感。

MShow2007-12

鏡メーカーにて。車線変更時に後方からの接近車を知らせてくれるドアミラーの表示例。バックカメラの次はこれが流行りそう。

今回EOS 40Dで撮影に行ったが、前回EOS 20Dで行ったときより歩留まりが向上した。何が原因なのかよく解らないが、おそらく(1)ノイズは欲張らないでISO1600固定 (2)撮影後はヒストグラムを確認しおかしければ再撮影 を実践したためではないかと思う。あっこれはEOS 40Dの性能と関係ないか(ぉぃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)