眼は…塗る必要があるのか…?

しばらく1/144スケールガンプラを作っていなかった私。

どこかで潮風公園限定ガンプラの作例を見たとき、「眼」が塗っていなかったので「もしや1/144は眼は自分で何とかしなければならないのか!」と焦ってキットの現物を確認したところ…

IMG_9749

付いてましたシールが。ホ。

でも小さくて剥がれやすいかもな…。剥がれやすいようなら塗るしかないかな…。

ところでこのキット、1/144だけあって部品点数は100点前後と、1/100MGの約300点、1/60PGの約600点に比べたらさすがに少ないが、その分自分で塗装に手を出した際の難易度はかなり高そう。

MG/PGだったら別パーツになっているところも一体成形なので、潮風公園実機のように白い部分を「白とベージュグレー」の2色に分けて塗装するのは腕に自信がないと難しいだろう。

素組みで気楽に楽しむキットなんだろうけどね…。潮風公園の実物があまりにも凄いので…。


HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th

「眼は…塗る必要があるのか…?」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)