CD Spin Doctorの「保存」がアレな件

Toast 10に付属するCD Spin Doctorは、たとえばオーディオテープに録音された音声をまとめて録音し、Mac上で曲(トラック)単位でファイルへの切り出し、ToastやiTunesへの転送ができるソフトだ。

ただ、トラックの指定はそれなりに手間なので、録音だけ済ませて後でやろうかな、という使い方はあると思う。しかしどうも現バージョン(6.0.2)は元のファイルの保存がうまくできないようだ。

検証してみよう。

cd_spin_doctor_1
音声を録音するか既存のファイルを開く。4分少々ある。

cd_spin_doctor_2

保存、または別名で保存する。

cd_spin_doctor_3
…あれ? 11秒しかない!?
もちろんファイルサイズも劇的に小さくなっている。

トラックを定義してトラック単位で書き出したファイルは正常なので、元ファイルを保存するときだけの不具合なのだが、テープ片面23分とか録音した結果がパーになる可能性もあるわけで、なんかヤな種類のバグだなぁ。


audio-technica ステレオターンテーブルシステム AT-PL300USB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)