MacでAVCHDとかアングルファインダーとか

Saikaさん:「HD系ビデオの配布ってどうするのが現実的?って課題とセットなんだと思う。」

短期的にはAVCHD(DVD)、長期的にはBDが良いと思います。SonyもPanasonicもカメラ同梱アプリでは編集した後にスケーラブルな書き出し手段を用意しているので、これに倣って貰えれば。但し、現状ではMacに搭載可能な安価なスロットローディングのBDドライブが存在しないのがネック。

「もっともHDVのテープ書き出しはiMovie 06で対応してるんだから、もしかしたらAVCHD編集→HDV書き出しは出来るかも。」

できそうですね。
でも最終的に1つのソースからハイビジョンディスク(自分用)と普通のDVD(じじばば用)の両方を作成したい場合、編集が二度手間になるので、現状ではiMovieに編集を任せるわけにはいきませんね。

「ホントはいいなあと(笑)」

EF-C

…これですね?

いつ買ったか忘れたけど、衝動買いだった記憶だけはあります。確かクルマとかガンプラとか(やっぱりそこか)、「こんな低い位置から撮ってられっか!」とプチ切れて買ったような。…2万円もしていたんですね。価格はすっかり忘れていました。(…というか忘れたかった)

ケンコーのは半額ですか。それが出ていたらそっちに行っていたかも。アングルファインダーCはアイカップが小さく、かつ、エッジがシャープで、目ん玉飛び出そうです。ただ、回転時の節度感は価格分の「イイ感触」がします。写りにはまったく関係ありませんが。

MacBSさん:「その「別の用途」とは、実は手ぶれ防止なんです。」

使ってます。ガンプラの撮影とか…。カメラのモノの本には書いてありますけど、いまEOS 30Dの取説を確認したら、そういう意図までは書いていなかったですね。意外。

EOS 30Dと言えば、ヨドバシドットコムで「お取り寄せ」になっている。いよいよ40Dか50Dか。ヨドバシは正直だなぁ。

はいはい休出休出。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)