エネルーピーは「骨」がないと電池が取り出せない?

エネルーピー。以前は景品だったeneloopデザインの犬の形をしたバッテリー残量チェッカーだが、eneloopの累計出荷1億個を達成した記念商品として、このたび通常商品として発売になったのはご存じの通り。

eneloopy

しかし、エネルーピーには納得できない点があった。多くのメディアで、

「骨パーツはeneloopを取り出す際に使用する」

と報道されていたこともあり、骨パーツがなければ電池が取り出せないと解釈していた。あんななくしやすい部品がないと取り出せないなんて、デザイナーは何やってんの?段幕薄いよ!と思っていたのだが。

まあ、骨を使わなくても、普通に電池を取り出す要領で簡単に取り出せますが。(「Sotaの雑記」さんより)

あーそうなんだー。
よかったー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)