節電ネタ

機種により機能の有無がありすべては当てはまらないと思うけど、節電ネタを羅列しておく。

・エアコン:湿度を高めに保つと体感温度が上がる効果あり。また、暖房に使っていないのであればコンセントプラグを抜いておくと室外機凍結防止の通電分を節約可能かも。

・温水便座:ウオッシュレット自体を我慢するのは辛いけれど、便座ヒーターを単独でOFFできる機種もあるので、それくらいなら我慢できるかも?(我が家のTOTO アプリコットは温度を最低設定にするとヒーターOFFになる)

・冷蔵庫:頻繁に開け閉めしない。3時間の輪番停電に備えるにはアイスノンを凍らせておくか氷を予め作っておく。

・洗濯機:意外と電気を食うが、使わないわけにもいかない。NANOX(ナノックス)などのすすぎが1回で済む洗剤を使うと節電(ついでに節水も)できる。

・食洗機:お湯が供給できるならお湯を与えれば電力は下がる。(但しお湯を沸かすガスは消費する。)

・録画機(レコーダー、テレビ):どうせ特番だらけ。放送される見込みがないものは予約を切って無駄な録画をさせない。また、高速に起動する設定がある機種はそれをOFFする。(但しDLNAや緊急放送を常時ONしておくと節約にはならない。)

・テレビ:画面の明るさを抑えると電力が軽減できる(特にブラウン管とプラズマテレビ)が、根本的には大画面より小画面。最右翼はワンセグ。

・パソコン(特にデスクトップ);iPad等で代用できないか検討。

・LED電球:すでに電球型蛍光灯になっている場所には効果が少ない。逆に普通の電球の所はLED電球ではなくとも電球型蛍光灯にするだけでも効果が大きい。

・ドライヤー:髪はよく拭いてからドライヤーを使う。

ざっと思いつくのはこれくらいかな…
あとで追記するかも知れません。


ミクロピュア 吸水タオル ピンク(Amazon)

「節電ネタ」への5件のフィードバック

  1. お疲れさまです。微力ながら節電中です。とりあえず温水便座のOFFとレコーダの予約を見直しました。

    目下の心配のタネは我が会社。工場は計画停電の渦中で今日二度停まるところが朝は回避されるようで、夕方からはいまだ良く分からない様子。電源が停められない設備もあり、電源復旧時の対応のために自宅待機を求められました。ちなみに今日はお休みですが、仕方がないところです。

  2. 最近の便利家電がそもそもほとんどないのがうちですが(^^ゞ
    洗濯は,排水施設の処理能力低下のこともありますので,洗濯の絶対量を減らすのと,スピーディーモードなど,洗いとすすぎの回数が少ない(=節電と節水)手段を活用,というのが良さそうですね.

  3. >> でんでんさん

    いや~久しぶり! お元気でした~?
    ご存じの通り少し前は新幹線絡みで自宅の近くを
    ちょこちょこドライブしてたんですけどね~(笑
    (最近は東静岡Gが多いか…)

    会社、ウチも築40年なので、今日出勤したら酷かったですね~ 天井落ちてたりとか。
    あそこでもう一度震災には遭いたくないなぁ。
    いやホントに。

    >> 愛読者さん

    わたしもすすぎ1回は信じられない派だったんですが、
    NANOXは許容できますね~ あれはいい洗剤です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)