気難しいEye-Fi、だけど

今日は下の子がどこかに出かけてきたようで、PowerShot S95の電源を入れたところ、江ノ電と一緒に写っている写真が何枚かMacに転送された。なんか江ノ電がスレスレに走る、少し古めの洋食屋さんで食事しているシーンがあったんだけれど、あれはどこなんだろう…。妻も子供も寝てしまったので解らない。気になる。

まぁそれは明日聞くとして、ふと気になってバージョンを確認してみたら、Eye-Fi Helperソフトウエアの新しいのが出ていそうだったので、Eye-Fiのサイトからダウンロードしてアップデート…しようとするも、何度やっても最後の最後で失敗。仕方がないのでEye-Fiカード内の古いソフトウエアを再インストールし、インストールの際にオンラインから最新版が自動的にインストールされる仕組みを利用して最新版にした。

ついでにEye-Fiカード自体のファームウエアもバージョンが微妙に上がっていたので、更新。

そしたら、PowerShot S95の液晶画面上の「転送中」マークが点滅しなくなってしまった(転送自体はできる)。何なんだろう。
→S95のバッテリーを入れ直したら治りました。

eye-fi_s95

そんな気難しいところがあるEye-Fiだが、一度動き出せばしこたま便利で気に入っている。

実は先日当選したGR DIGITAL IVもついにEye-Fiにメーカー公式対応したので、あまりの便利さにGRD IV用にもう1枚買おうかどうか真剣に悩んでいるところ。


Eye-Fi Connect X2 4GB EFJ-CN-4G(Amazon)

「気難しいEye-Fi、だけど」への2件のフィードバック

  1. GRD3ですか。
    たぶんドナドナでしょうね…。
    GRD2はいい値段で売れたので。

    でもいまGRD2時代の写真を見返すと、
    あれはあれですごい個性的な絵でしたね…
    ちょっと勿体なかったかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)