インプレッサが、なにげにいいクルマにM/C

日本車でAudi A4に正面から対抗できるのって、スバルのレガシィくらいなんじゃないかなぁと思っているが、いかんせん現行型レガシィはA4同様に日本では大きすぎる。その弟分となるインプレッサに目をやると、性能は折り紙付きだと思うんだけど、「バカボンのおまわりさん」に見えて仕方がない目つきが個人的に受け入れられなかった。特にセダンタイプのリアスタイルなど、今の日本車には希有な端正さで良かったんだけどなぁ。(レガシィB4のリアもとても好き。)

そんなインプレッサがマイナー フルモデルチェンジ、レガシィからバタ臭さを低減させたような顔立ちになった。これはいいかも…!

imp1

グレード構成を見てみると、AWDにEyeSightまで付いて、水平対向2リッターの最上位モデルが230万円台! 全幅1740mm、都市部ではこれくらいが使いやすい上限だよね。

今までEyeSightを使いたいと思ったらレガシィに乗るしかなかったんだけど、これが200万円台前半のクルマで使えるようになったのは偉大だなぁ。

imp2

M/C前はセダンの方がいい尻だと思ってたけど、今回はハッチバックの方が尻が格好いいなぁ。どこかで見たことがあるような気もするけど… あ、若干トヨタ「オーリス」風味?

これから子供にもお金かかるし、借家住まいだし、今乗っているクルマが寿命を迎えても次のクルマが買える気がしないんだけど(;´Д`)こういうインプレッサのようなコストパフォーマンスの高いクルマの存在は助かります。

難を挙げるとすれば、CVTってことかなぁ…。


新型インプレッサのすべて(Amazon)

「インプレッサが、なにげにいいクルマにM/C」への4件のフィードバック

  1. いつも楽しくブログ拝見しています。
    我が家も家族車はアウディA3ですが、輸入車好きにとってもスバルは常に気になる存在ですよね。
    このインプレッサはマイナーではなくフルモデルチェンジだと思います。先代モデルが出たときに私もフロントマスクに違和感を持ちましたが、今度のはなかなか良さそうですね。

  2. こんにちは。
    以前、A3のことで色々と書き込みさせていただいたものです。

    現在、新車を買う方向で、ローンを残価型かオーナーズが得なのかを考えています。

    同時進行でワーゲンも行っていましたが、神戸のディーラーでは座らせてもくれなかったし、山口のディーラーでは立ち話の態度が悪いは、煎茶をお願いしたのに出てこなく、受付の方が来られたらコーヒーでって勝手に決めつけられたりと、ワーゲンには散々でした。

    まぁ、買う気無いだろうと思われてたんでしょう。でも、こういうのって、購入意欲をかき消しますね。

    また色々とA3についてご質問させていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    値段が値段なだけに、記事をみてスバルのインプも購入検討枠にいれました。笑

  3. 一番オトクなのは「新車で買って壊れるまで乗る」が基本ですよね。
    新車で買うと「Audi Magazine」が一定期間送られてきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)