Nikon D800

d800

EOS 5D Mark III(5DXか?)のライバルになるであろう、Nikonのフルサイズ機「D800」がリリース。感度より解像度を優先させた設計思想になっているのが潔い。ローパスフィルタを廃した姉妹機「D800E」もラインナップされるなど挑戦的な試みもある。

フルサイズセンサーで3,630万画素という途方もない画素数だが、APS-Cサイズで1,800万画素が実用化されていることを考えると、画素ピッチは無理をしていない。むしろ動画撮影時のローリングシャッター歪みを抑えるための高速読み出しが大変だったんじゃないかと推定。

HDMI出力を外部レコーダーで録画することも考慮されているようで、EOS 5D Mark IIでは所望されつつもついに正式採用されなかった「OSDなしでのHDMI出力」が実装されている様子。また動画モードで滑らかな絞り動作を実現する「パワー絞り」機能もあるが、これはHDMI外部出力録画向けの機能で、本体内での録画時には動作しない。

動画撮影中に目印「インデックスマーキング」を付けられるらしい。先日流出したEOS 5D3の背面パネルにも「RATE」ボタンが設けられているのが確認されたが、「RATE」がレイティングのことを指すのであれば、撮影中の目印タグ付加が一つのトレンドになっているのかも知れない。

従来より10%軽くなったとはいえ、バッテリー抜きで900gは重いと思うが、これだけ重装備なハードウエアなら仕方がないか…。

前モデルNikon D700はEOS 5D2に少し出し抜かれた面もあるスペックだったが、今回のD800は頑張りすぎ。これから登場するであろうEOS 5D3と比べても遜色ないどころか、もしかしたら勝っているのではないだろうか。スペック偏重主義もどうかと思うけど、D800に対して5D3をどうぶつけてくるのかが俄然気になってきた。


Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 ボディ(Amazon)
◎【セット内容】SDHCカード8GB+【特典】当店3年保証ニコン D800 ボディ お買得[SDカード]セッ…(デジカメオンライン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)