KDDIの謎箱を撤去

入居する前から気になってたんですが、2Fリビングに前のオーナーさんが残していったKDDIの謎の箱があります。

おそらくコードを触った感じから「auひかり」の残存設備だと思うんですが、調べてみるとauひかりだとするとこの設備の所有権はKDDIにあって、撤去すると通常10,800円かかるんですね。それで悩んでました。私自身は「2Fにauひかり」ではなく、「1Fにフレッツ光」を引きたかったので、フレッツ光の工事に来たNTTの人に「KDDIのこれ、どうすればいいんですかね?」と尋ねたところ、

「使わないのであればニッパーで…あ、いや、私の口からは何とも言えません

とのことでしたので、KDDIに電話してみました。

すると、どうもこのように「購入した中古物件に残されていたKDDIの設備の撤去」は無料らしく、それならばとお願いすることにしました。

kddi_nazohako

工事自体はやっぱりニッパーで(以下略 と、NTTの工事の方が仰ったとおりだったのですが(笑、まぁKDDIの所有物を私が切っちゃダメですよね。切断した後、屋外側から配線を引き抜いて、15分ほどで終了。

工事完了の伝票を見たら、「前のオーナーさんの工事に対して、私が第三者立ち会い」したということになっているようでした。ちなみに前のオーナーさんにも請求は行かないようです。

「ご迷惑をおかけしました。またご縁がありましたらよろしくお願いします」と、KDDIの人は終始低姿勢でした。中古物件を購入するということは、こういう負の遺産も引き継ぐものだとばかり思っていたのですが、これは違いましたね…。ありがとうございました。>KDDI


光ファイバーいろいろ実験キット(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)