揺れるシーリングファン(パナソニック製)

前のオーナーさんが外して持っていってしまったものの、建物自体がこれを付けることが前提になっている設計のようなので私も付けてみたパナソニックのシーリングファン。ファンの回転速度を4段階に切り替えられますが、最低速と最高速はいいんですが、中間速だと器具全体がブラブラと振動してしまいます。説明書には「2~3ミリの振動は許容範囲です」とありましたが、うーん、2~3ミリという感じではないような。5~6ミリは揺れている感じ。このまま10年とか15年使うのはあり得ないだろうと、対策してみました。

ceilingfan_shindou
試運転中

とは言っても特に羽根に重りなどをつけてバランスをとるような設計にもなっていないので、ためしに1枚の羽根の先端に10円玉をテープで仮止めして、仮止め位置を変えたりして何回か試してみましたが…うーん、10円玉1~2枚ではあまり変化がないですね。そもそも重りをつけることを前提としていない製品のようなので、そんなに製造ばらつきが大きいとも思えません。

ではどうするか。次の案として羽根の取り付け位置を入れ替えてみます。

4枚の羽根の取り付けパターンは4!=24通りありますが、さすがにそんなに試すのはしんどいので、できるだけ最低の手間でやる方向で。

まず振動の原因になっている羽根を特定するために、向かい合わせの2枚の羽根を残して、2枚を外します。(このとき、外した2枚の羽根がどこについていたかは、ビニールテープなどで目印をしておきます。)

ceilingfan_rc

これで回してみると…4段階の回転速度のいずれでも振動がほとんどありません。ということは、外した2枚が振動源ということになります。

そこで外した2枚を、今まで付いていた位置ではない方に入れ替えて取り付けてみます。

これで回してみると…おお、すごく振動が減りました!

試してみるもんですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)