ヒモが切れたのでフューエルキャップを交換

どうも、クルマデジタルです。

給油口キャップが落下しないように付いているヒモが切れる寸前だったので、でもこのヒモだけサービスパーツ設定はされていないだろうと思い、折角なのでネットで購入できるUS仕様のキャップを購入しました。

fcap1

てっきりポン付けできるものだろうと思って車体側の取り付けピンを外してみると…

fcap2

折れましたよ!?(;´Д`)ドウナッテルノ…
どうも購入したUS仕様のキャップは取り付け方法が違うみたいです。

fcap3

要は、車体側に穴があれば良いみたいなので、折れたピンをカットし、ドリルで6.5Φの穴を開けました。

fcap4

無事に装着完了。ホッ。
まぁUS仕様というのは完全に自己満足系ですけど、実用的にもヒモが切れそうというストレスから解放されて良かったです。ガソリンは専らセルフなので、給油のたびに気になりますからね。

フューエルキャップをAmazonで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)