Audi Q2 日本投入 (まぁ、箸とは呼べない)#chopsticks?

Audi Q2が日本に投入されました。

MQBプラットフォームを使い、A3とほぼ同じ広さ、ほぼ同じ価格と噂が出ていましたが、フタを開けてみればA3より少し高い感じ。ざっくり言ってしまうと、ほぼ同じ装備のA3と比較して、「排気量が1.4から1.0になって、20万円高い」というイメージ。まぁ世界的に見てSUVボディ形状はプレミアを乗せてくる傾向にあるので、こんなものでしょう。

今までAudiといえばスッキリとした…でも緻密に設計された、どの角度から見ても破綻しない面構成が特徴でしたが、今回はあえて面構成を複雑にしたようです。そのため、見る角度によってはイメージを覆されるような見え方をする場合もあります。

エントリーグレードは200万円台からあって目を惹きますが、

– ハロゲンヘッドライト(ディスチャージでもない、ハロゲン!)
– 安全装備(レーダー類)付けられない
– リア席のフロアマット省略
– マニュアルエアコン
– フロント肘かけなし
– ルームミラー防眩が手動

という、欧州のベーシックグレードがそのまんま日本に入ってきてしまった印象。
(あちらはマニュアルトランスミッションでさらに安いですが。)
300万円近く出して、この装備は悲しすぎるべ…?

実際のところは、フロント席に肘掛けくらい欲しいし、エアコンもオートにしたいし、で、下から2番目のグレードあたりを選択することになると思いますが、純正ナビとレーダークルーズコントロール一式を付けた段階で、車両本体420万円。40万円値引きで諸費用20万円で、400万円ですか。

…まぁ、アリかナシかと言われたら、ナシかな(笑。

もっとも、類似形状のSUBARU XVあたりもディーラーopまでフル装備すると400万円を超えてくるので、もうクルマってそういう価格帯のものになってしまったのかも知れませんが。アルファードだって上は700万円ですもんね。そりゃ若者は買わないよ、というか買えないよ。

5D4A2997

ご多分に漏れずうちにもAudiさんから箸が送られてきましたが、
(箸袋がリーフレットになっている)

5D4A2999

#chopsticks? のハッシュタグの通り、
とても箸としては使えないような反った木の棒が入っていました。

よりによってブロガー宅にこういう個体を送りつけるなんて、ひきが強いねぇ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)