WF-1000XM3のバージョンアップでタップ音量調整が可能に

WF-1000XM3のソフトウエアが2.0.2にメジャーバージョンアップされ、待望の「タップ操作での音量調整」が可能になりました。

ただ、極小面積のタッチパッドゆえ、MDR-1000Xシリーズのようなスワイプ操作での音量調整ではなく、「タップで音量アップ」「長押しで音量ダウン」になるようです。また、外音取り込みまたはPLAY/STOP等の操作と排他設定になる様子。

早速バージョンアップしてみました。確かにタップ操作での音量調整が可能です。自分は外音取り込み機能は使わない(外した方が早い)ので、左側のタップ操作が余っていたのでちょうど良い機能が入りました。これは嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)