PORTER CLOUDが寿命

2014年1月に購入した通勤カバンが劣化してしまいました。6年目ですが、目に見える劣化は4年目くらいから始まっていたように思います。最近ではついに表皮が剥がれ落ちるようになってしまいました。

 

これは吉田カバンの「ポーター・クラウド」シリーズで、TPU(熱可塑性ポリウレタン)加工を施してあるのは珍しく、独特の風合いはありますが一方で吉田カバンに期待される耐久性は持ち合わせていませんでした。

この素材は新機軸だったのかもしれませんが、明らかに失敗でしょう。近所の吉田カバン取扱店で店員さんに聞いたところ、「普通、ポーターは10年は持つと思いますけどね」とのことでしたので、やはりTPUというところが仇になったのでしょう。

自分としてはこういうところには不精なのであまり気にしていなかったのですが、周囲から「どうしたんですかこれ」「おかしいですよ」と時々言われるので、買い替えることにしました。吉田カバンなので修理もできるのかも知れませんが、いかんせんカバンの表皮の1/3くらいが劣化しているので、修理代金は新品を買うのと変わらない金額になりそうなのでやめました。

 

新しいカバンを探して見て回った中ではイオンのPBブランドの同じような大きさのブリーフケースが質感、ポケットの数、機能性など過不足ない感じで良かったのですが、今度こそ長持ちしてほしいという気持ちを込めて、「ポーター・タイム」シリーズのブリーフケースを注文しました。とは言っても前回買ったときも「長く使えるといいなぁ」等と同じことを書いています。成長していません。

 

余談ですが、イオンのPBブランドのバッグ、どの商品も商品企画がいい線ついていて侮れません。たいてい安いバッグは機能性もオミットされている場合が多いですが、イオンのバッグ類は安くて

質感も安いなり、でも機能は削っていない製品が多いんですね。イオンって良いイメージがなくてあまり近づいていませんでしたが、しばらくぶりに行ってみて驚きました。

 

さて新しいカバン、まだ届いていませんが、どうやら次の4月の異動であまり人と関わらそうなポジションに行くようですし、通勤はもともと車だし、誰とも会わないと分かっている日は今までのボロいカバンを使って、新しい方の寿命を少しでも伸ばすかな(笑。

[ポーター]PORTER タイム TIME 2WAY ブリーフケース 655-06167 ブラック/10(Amazon)

「PORTER CLOUDが寿命」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)