1/100 RX-78F00 完成

MGグレードでなかったせいか、「ゆるキャン△」をAmazon Prime Videoで流し見しながら、ちょうど一期全12話を見終わった時間+大河ドラマ「麒麟がくる」1話分で完成してしまいました。6時間くらいでしょうか。

\ツカレタ/

 

ほぼキット通り作りましたし、トップコートもかけていません。しかし白色成形はややグロスインジェクションっぽく、また、内部フレームのダークグレーも重みを感じるつや消しの成型。全身の装甲の端々にあるグレーの部分は何とシール。遠目にはそう見えないですよね。製作時間の2割くらいはこのグレーのシール貼りに費やされています。ちょっとした出っ張りの上にシールを貼ったりするんですが、そのちょっとした出っ張りの側面まできちんと回り込むようにカットされたシールなので、きちんと位置を合わせ込むことで想像以上の立体感が出るのです。

小細工したのは足の裏とビームサーベルのグリップの部分塗装、あとはツノの先端が例によって安全基準で太くなっているので、そこをカットして鋭利にしたことくらいです。

 

G-DOCK全体は付属せず、背面の支柱のみの構成。

 

後で気がついたのですが、この支柱、実はこう見えて全体で台座含めてわずか3パーツ(すなわち支柱だけなら2パーツ)という潔さ。したがって、実物のようにガンダムとの接続点が上下しません。すなわち、しゃがんだ姿勢を取るとガンダムが全力で宙に浮いてしまうのです。

 

タミヤ模型ばりのディテールの細かさ。ガンプラ史上最高に細かい成型だと思います。ランナーの切り離し痕か?と思いきやモールドだった、というところ多数。

 

接続部分は単純なはめ込みではなく、はめ込んでスライドさせる方式。なおガンダム側の接続部分には取り外し式のカバーが付属します。

 

何と言っても今回のガンダムのチャームポイントは「足の裏」なので、敬意を表して実機同様に部分塗装。でも実機はもう少し渋い色ですよね。

 

そしてこのキット最大の見所、太もも裏装甲のスライド。実機のように銀色のシリンダーが見えているわけではありませんが…

 

シリンダーを模した部品は一応入っていて、膝曲げに連動して太もも裏装甲がスライドします。

 

膝パーツにもちゃんと裏打ちがあるのが偉い。

 

横浜の実物と違う箇所。指が広がっています(笑。なお横浜のガンダムのような「一番」ポーズの指は付属しません。指は固定式で、グーとパーの2種類+右側のみライフル用の指が付属します。

 

それなりにアクションもできて、

 

別売のガンダムベースと組み合わせるアタッチメントパーツも付属します。

そういやこの腰で繋がっている模型、既視感あるなと思ったら、

しぶりん(渋谷凛)でした(笑。

 


アイドルマスター シンデレラガールズ 渋谷凛 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)