WH-1000XM4 LM

通常44,000円ほどで売られているWH-1000XM4の限定色「ミッドナイトブルー」が、特価29,700円で11/29(月)の10:00からオンライン販売されるとのことで話題になりました。元々米国では販売されていた色で、少し前から他の本体色含め $248でセールされていたので、29,700円と言っても米国と比べてさほど安いわけではありません。「部材が余ったのでは」という観測がありましたが、部材が余ったのは時間をかけて消化すればいいわけで、なんか違う気がします。個人的には「ソニー製ヘッドホンを使ったことがない人向けのお試し価格」か、「単純に売り上げを積み増ししたかっただけ」なのではないかと思います。むしろほかの色(ブラック、シルバー)における2倍近い内外価格差が気になりますね。

オンラインのソニーストアとヨドバシしか観測していませんでしたが、ソニーストアは受け付け開始から1時間ほどは繋がりにくかったもののその後は普通に買えるように、ヨドバシに至っては最初から何らシステムに問題を抱えることなくおひとり様2点まで購入できたので、転売目的で購入された方も多いでしょう。29,700円+ポイント10%がつくのでたとえばメルカリで送料込み34,000円で売ればポイント10%分くらいは丸儲けできる計算ですね。ソニーさんにおかれましてはぜひ他の色も29,700円で販売いただいて転売屋を撲滅頂きたいところですが、台数を限っての流通ですし転売の規模も限定的となれば、ソニーがそこにわざわざ参戦する必要は薄いでしょう。結局のところ、他の色の44,000円という価格と、今回の実質27,000円という価格の差分17,000円を、「転売屋」「メルカリ(ヤフオク)」「運送業者」「最終購入者」で山分けするというだけの話です。(既にメルカリでは「限定色」というところを売りにして44,000円より高い価格で出ているようですが…)

興味深かったのは、受注受付終了タイミングが当初予定より大幅に短縮された11/29 18:00で足並みが揃っていたことですね。取り扱いがあったのは気が付いた範囲で、

ヨドバシカメラ
ビックカメラ
ジョーシン
コジマ
ノジマ
カメラのキタムラ
eイヤホン
全国のソニーショップ
Amazon

ですが、きれいに足並み揃えて受注終了したんですよね。どういう指揮命令系統になっていたんだろうと興味があります。

 

なお米国のAmazonでも$248 で売っていて、日本への送料と関税で$39.79、合計$287.79、1$=115JPYだとして3.3万円ほどで買えることになります。技適周りがどうなっているか分かりませんが、まぁ日本向けと同じ物でしょう、きっと。Amazon.comで買うのが敷居が高い場合には、日本のAmazonでも海外版が買えるようです:

「WH-1000XM4 LM」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)