Audi A3の方のタイヤがパンク

なんかタイヤの話ばっかり続いて恐縮ですが、1ヶ月ほど前にA3の方のタイヤがパンクしまして。前日の退勤時になんか感触がおかしいなぁとは思っていたんですが、きっと仕事で疲れてて感覚がおかしいのだろうくらいにしか思っていませんでしたが、翌日妻に指摘されて発覚。

 

見事にネジが刺さってました。場所は左後輪内側です。

 

車載工具のパンク修理キットの電動ポンプを使用し、パンク修理剤を使わずに空気を入れてみたところ、一応車高は復活。空気はすぐに抜けそうもなかったので、そのまま最寄りのタイヤ店へゆっくり自走。

タイヤ屋さんによると刺したばかりであればパンク修理もできたようなのですが、今回のケースでは空気圧がとても低い状態で結構走ってしまったのでタイヤの側面がかなりダメージを受けており、パンク修理不可とのこと。前日の退勤時に感じた違和感が正しいとすれば20kmくらい走ったことになります。

とはいえいま履いているContinectalのタイヤはまだ五分山くらい残っており、4本交換するのはとても勿体ないので2本だけ交換することに。

 

駆け込んだタイヤ屋さんはヨコハマタイヤ系列でしたので、交換するタイヤは有無を言わさずADVAN dB V552に。

 

パンクしたのは後輪ですが、購入した新しい方を前輪に持ってきて、今まで履いていたのを後輪に持っていきました。前輪側の方が減りが早いので、今後はローテーションしないことで減りを後輪側に追いつかせることができるかな?という考えです。

乗り心地ですが、転がり抵抗はとても少なく、音も静かですが、やっぱり柔らかすぎる乗り味が気になります。前の8P型のA3のときにも履いたことがあるのですが、ちょっと車のキャラクターには合わないですね。やっぱりContinentalは良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)