CP+(シーピープラス)#1

パシフィコ横浜で開催されているCP+に行ってきたので気になった点をレポート。第1弾。昨年まではPIEと呼ばれて東京ビックサイトで開催されていたもの。

CP+ 2010

今回はPIEと比べて出店を控えたメーカー/企業が多かったみたいなんだけど、メイドさんのところは健在だった。メイドさんのところ、としか覚えていない。企業の名前も業種も思い出せない(マテ

CP+ 2010

オリンパスのペン・ライト。普通にいいカメラですね。売れそう。

CP+ 2010

ペンタックスの645Dのスケルトン。イメージャー(撮像素子)が巨大すぎる(笑
撮影サンプルも見たけど、うん、ポスター向き。

CP+ 2010

中国のメーカーの汎用の水中ケース。汎用なので、カメラを買い換えても使い回せる可能性が高い。価格は2万円弱で、これから発売。

CP+ 2010

中に入れる機種に合わせてボタンの作用点を移動(調節)できる。

CP+ 2010

水中ケースに対するカメラの設置位置を調整するため、いろんな厚みのシリコンゴムが付属する。

CP+ 2010

ライトボックスもLED化して薄型に。ライトパネルと言うらしい。そうか、そうなるよなぁ。なんかライト「ボックス」を保管しているのが馬鹿らしくなってきた(笑

続く。


キャビン ライトパネル CL-5000M A4(Amazon)

「CP+(シーピープラス)#1」への2件のフィードバック

  1. 昨日、CP+行こうと思って出かけたけど途中でくじけました(苦笑)。千葉からだとやっぱり横浜はちと遠いのです。。。

    汎用水中ハウジングは面白いですねぇ…でもダイバーとして中国製じゃ絶対に買えないと思ってしまったのもまた事実。
    LEDライトパネルは危うくポチりそうになって、銀塩機材の手持ちがもう無いことで我に返りました。そんな私もライトボックスは後生大事に保管してます。

  2. ああ、そういうものですか…。

    個人的には潜ることは想定してなくて、
    海水浴で水しぶき程度なので、
    2万円クラスとなるとオーバースペックです。

    ソニーみたいにあまり本格的でない、1万円以下のケースがあればいいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)